カプセルの椀と錠剤と瓶
  • ホーム
  • プリリジーの早漏予防のメカニズムと知恵袋の活用

プリリジーの早漏予防のメカニズムと知恵袋の活用

葉の上にあるカプセルと瓶

プリリジーが早漏に作用するメカニズムは、SSRIという薬が脳に働きかけて、人の気持ちを落ち着かせるセロトニンという物質が多くなるように働きかけるというもので、セロトニンが脳内に十分に存在していると恐怖感や不安感を感じにくくなるので、セックスの時の緊張感が原因の早漏を予防できるというものです。
また射精を長くする作用もあるので、挿入してから5分以上射精をせずに耐えられるようになります。
インターネットの知恵袋には、早漏やEDについての相談が数多く掲載されていますが、これらの症状はストレスが原因であることが多いので、SSRIを服用するだけで症状を改善させることもできます。
EDは病気が原因のものも多いのですが、糖尿病や動脈硬化などの病気にかかっていない場合には、心因性の勃起不全と判断できます。
心因性の勃起不全は、セックスの時の不安や緊張が原因なので、抗不安薬やSSRIなどを服用して、脳の興奮を抑えるだけでセックスできるようになります。
勃起ができない場合には、勃起改善薬を服用することになりますが、勃起をしても短時間で射精をしてしまうとあまり楽しむことができないので、プリリジーなどを同時に服用する人が増えています。
セックスはパートナーとのコミュニケーションのためには欠かせないもので、EDや早漏などになるとセックスをすることが不安になるので、スキンシップが苦痛になる可能性もあります。
勃起不全の原因はペニスに血液が流れにくくなっていることなので、セックスをする前にリラックスできるような雰囲気作りも大切です。
また少量のアルコールを飲むことで気持ちが和らぐので、早漏で悩んでいる人は適量のお酒を飲むことで症状が改善します。

関連記事
人気記事一覧